当店テレビ展示比較コーナーに当時のハイエンドモデル「KDL-46X2500」を追加しました!

シェアしていただけると励みになります☆

KJ-55X9300CとKDL-46X2500比較

当店のテレビ展示比較コーナーに、現行モデルである4Kテレビ「KJ-55X9300C」(55V型)との比較用として当時のハイエンドモデルである「KDL-46X2500」(46V型)を追加しました。

この度当時のモデルである「KDL-46X2500」を展示したことにより、
現行モデルである4Kテレビ「KJ-55X9300C」との画質や色合い、音質はもちろん、
サイズの比較にもなりますので店頭で是非ご確認、ご体感下さい。

因みに当時のハイエンドモデル「KDL-46X2500」の販売価格は458,000円でした。
現在だと4Kテレビ「KJ-55X9300C」とブルーレイディスクレコーダー「BDZ-ET2200」(2TB)と合わせて購入してもお釣りがくる価格ですね・・・。

現行モデルの液晶テレビ”BRAVIA”の各モデルの価格・詳細はこちらより

現行モデルのブルーレイディスクレコーダーの価格・詳細はこちらより


スポンサードリンク


本体サイズ(幅×高さ×奥行)は
KJ-55X9300C:148.4×78.0(スタンド内側時78.7)x25.5cm
KDL-46X2500:126.2×79.5×32.2cm
と、サイズとしては両サイド11cmずつ余裕があれば置けてしまう計算となります。

画像はテレビ台がそれぞれ違うので高さは同じように見えますが上記の寸法ではKDL-46X2500より若干低くなっています。

是非当店店頭にて画質・音質・サイズを比較、ご体感下さい。

オススメ!ソニーストアではオリジナルモデルや安心の長期保証など豊富なサービス満載!
この記事をお届けした
e-SonyShop・HITACHIチェーンストール 石川電機の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけると励みになります☆

更新情報をお届けしてます♪